【 スタッフのきもの日誌 2014年 03月  大阪 松原 富田林 】




2014,03,24(月) カランと鳴った本。    〜 レバレッジ・リーディング / 本田直之著 〜


ようこそ!美松HPへ!

たまにはきもの以外の話を。
いつもか。笑。

最近、今まで自分自身で考えていたこと、経験から導かれた考え、経験していないが、そんなもんじゃないかと考えていたこと、つまり、頭の中の方向性(考え方)というもの、それらがカランと音を立てて今までと違う方向に進み始める事がよくあります。

いままでは、カランと音を立てるときって、いい意味でも悪い意味でも何か強烈な出来事があったとき(経験)っていうのが多かったんですが、最近は本を読むことで、カランと鳴ることが多いんです。

弊社も取引させてもらっている中川政七商店のホームページで中川淳社長が紹介されていた本に、

「レバレッジ・リーディング」(本田直之著)

という本がありました。

テレビなどをご覧になられてご存じの方も多いかと思いますが、中川社長は、志を持って、様々なコンサルティングもされていらっしゃる非常に有能な方です。



そんな方が紹介している本だから、ためしに読んでみようと思い、購入してみたんですが、この本はいい意味でまさにカランと鳴った本でした。

まず、本を読むという行為そのものが今まで私の中にあったものとは全然違いました。

現状を打破するために、何かカランと鳴るものを探していらっしゃるという方には、まず、読んでみて損はないように思います。

おススメの一冊です。












2014,03,14(金) 本日より、松原店にて、『大決算市』 開催です。  3/14(金 )〜 3/17(月)

















2014,03,05(水) きものでおでかけ    〜 文化財の宝庫 関西 〜


ようこそ!美松HPへ!

新聞の記事からのお話です。

歴史的、芸術的に価値のある美術工芸品や建物は重要文化財に指定されていますが、その中でも特に卓越したものが国宝。

2014年1月1日現在、それら重要文化財と国宝の両方を合わせた都道府県別の件数は東京が2731件で1位。

ですが、、、、2位以降は京都の2144件、奈良の1311件、滋賀の813件、大阪の664件、兵庫の463件、和歌山の384件と関西2府4県が続き、全国を合わせた全体の何と45%を占めるそうです。

国宝だけに限定すれば、全国1089件中関西の597件で全体の約55%を占めるそうです。

こうやって数字を眺めてみると、関西って文化財の宝庫だなと。

また一つ関西のいいとこ発見できました。

これからの季節、きものをお召しになって、こういった文化財に触れてみるのはいかがでしょう?

データ引用は2014/02/04日本経済新聞夕刊 『 関西view 』 より。














    トップページ  店舗紹介  サポート  着付教室  スタッフ日誌  レポート  お問合わせ

きものギャラリー美松 松原店 〒580-0043 大阪府松原市阿保3-1-3 пF072-332-6834

きものギャラリー美松 富田林店 〒584-0086 大阪府富田林市津々山台3-1-22 пF0721-28-8795

Copylight (c) kimono gallery mimatsu All rights reserved